Product

Repair&custom 08

2012.12.14

前回につづいて衿のカスタムをご紹介いたします。

当社の既製品DLRJ-M1。このスタンドカラ―をシャツカラーに交換します。
「雰囲気を変えてみたい」が、お客様の実に明快な理由です。

機能的でシンプルなデザインの衿腰の低いスタンドカラ―に対し、装飾的なシャツカラー。 当然のように、イメージは全く違います。。

生まれ変わった新しいジャケットとして楽しめるカスタムです。

ジャケットとの重ね着が定番のBIKER DENIM VEST2。

その際に、二重になった衿まわりをすっきりさせたいということです。

そこで、ベストの衿を取り外し、革でパイピングを施します。

インディゴブルーのデニムはカラーコーディネートがしやすい素材です。

シンプルになった首まわりのアクセントはお好みの配色で。

また、衿ぐりの形状を加工してからパイピングをすることもできます。

ベスト下のジャケットの衿をしっかりと見せたいと言う事でVネックに。

前掲姿勢で極限まで伏せ込むライディングポジションでは、ヘルメットに緩衝しないコンパクトな衿が 必要となります。

となると、行きつく先は、レーシングスーツに見られるディテール。

付け替えるスタンドカラーに用意されたのは、革とケブラー素材のニット。

喉元から肩口までは革でしっかりと衿を立たせます。

首の後側部分にはケブラーニットを使い、ヘルメットにストレスを与えない作りに。

衿の前合わせを離してクリアランスをとることで、喉や顎へのあたりを軽減。 実に機能的なカスタムです。

修理

カスタム

¥ask ~