Product

Repair&custom 06

2012.06.22

セパレート レーシングスーツのジャケット部分。

裏地に縫いこまれたネームタグは、’80年代までのオーダーメイドで使われていたものです。
30年を経て、ジャケット単体で着られるようカスタムとなりました。

レーシングスーツのジャケットとパンツの切りはなし位置は、腰骨のやや上くらい。 そのため、ジャケット側の着丈は短めです。

そこで、パンツ部分を連結するZIPを裾から外し、脇のラインもつながるように帯切替をつけて着丈を延長。

フロントZIPはそのまま残して、裾の前合わせはドットボタンで留めます。

5cmほどのスリットを脇に入れたのは、ライディングポジションでの裾回りに自由度をもたせるため。

着丈出しによって広くなった背中のスペースには、稲妻イナズマ。 その当時の気持ちを込めた柄?

ではなく、これは、もう一人の感覚。

背中の文字、イニシャルは "T" から "M" へと付け替えられて・・・、

父から息子に受け継がれた瞬間。

見るだけだった背中は、自由なフィールドになって・・・。

修理

リペア

¥ask ~